フォト

ヒメボタル観察マップ

  • 2013
    ヒメボタルの発生箇所は案内人にお尋ねください。

風景写真

山の頂で風に吹かれて

  • Yarinoyakei
    私が撮りためた写真を編集して、DVD写真集を作りました。 全部で400枚に及ぶものです。 これはそのほんの一部 1枚2,500円 ぜひ、お買い求めください。

2007夏 槍ヶ岳

  • 鏡池の朝
    2007年 夏のアルプス登山は槍ヶ岳にチャレンジ。快晴が続き星もきれいで最高の4日間でした。

2008 屋久島

  • 大川(おおこ)の滝
    2007年に続き、今年もGWは屋久島に行きました。 2年続けていきたくなるほどこの島、豊かな森は私を引きつけます。

2009 壁紙

  • 19 桜草
    昨年撮った写真の中からお気に入りの写真を壁紙にしてみました。

2007年の紅葉

  • 厚南 蓮光寺山門
    今年の紅葉は、台風の直撃もなく見事にあちらこちらで楽しめました。

« 国保保険料引き上げが確実に! | トップページ | モミジ谷とヒメボタル »

2009年5月30日 (土)

大賑わいのモミジ谷

0020  ◆昨夜は、山楽々クラブのヒメボタル観察会を行いました。 いつもなら、どこかに止まって撮影に没頭するのですが、昨夜は8時前に三叉路に集合。三叉路広場で少しヒメボタルの話をさせていただき、その後車道沿いに観察をしながら歩きました。 昨夜は6日月で西の空高く輝いていて、桜の葉の間からまるで「木漏れ日」のように明るく、ヒメボタルの輝きが失せているようでした。

 一昨日の夜、抜群に良かった「100年への森カーブ」も、この「木漏れ日」のために、明暗がくっきりとしていて、自分の影がくっきりと浮かび上がるほどです。 試しに「奈落の底」にも行ってみましたが、ホタル達が沢山いるのですが、「日の光」(月光)が強すぎて、表に出てきません。

002  私は、懐中電灯がなくても平気ですが、他の参加者も別に困っている様子ではありませんでした。 「モリアザミの丘」には数人のカメラマンがいて、葉陰を狙っているようでしたが、私がみたところもうここは盛りを過ぎています。

 次に、モミジ谷に入りましたが、底には沢山の人がいて、大渋滞・・・昨夜は本山校区のヒメボタル鑑賞会があり、主催者によると参加者は50人だそうです。 ひとの列が行き過ぎたあと、階段を下りましたが「もみじ広場」は、月の光があまり影響しておらず、ちょうどホタル達が飛び交いきれいに輝いていました。

 「もみじ広場」でしばらく鑑賞して0046 、一度登山口まで下りましたが、途中の「100年への森」カ-ブはそれなりにホタルがいましたが、一昨日ほどではないように感じました。 皆さんを見送ったあと、もう一度「モミジ谷」にとって返して、再チャレンジ。 カメラのまわりをホタルが取り囲むようにあちこちから飛んできて、光りの渦です。 今夜ももう常連になったカメラ仲間と一緒に楽しい時間を過ごすことができました。 そうそう、新しい仲間が持ってきてくれた、おにぎりと梅干しが最高においしくて、心から感謝。0035

 これからは月がドンドン大きくなり、竜王山を照らすことになりますが、モミジ谷ではあと2週間くらいは楽しむことができます。

« 国保保険料引き上げが確実に! | トップページ | モミジ谷とヒメボタル »

ヒメボタル」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大賑わいのモミジ谷:

« 国保保険料引き上げが確実に! | トップページ | モミジ谷とヒメボタル »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

私へのメール

無料ブログはココログ

政治家ブログ

  • にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ

    " href="">政治家ブログ

ヒメボタル 2012

  • 2780
    竜王山のヒメボタル2012 です。2010年の大雨の影響からか、ヒメボタル発生が少なくなっているように感じられる。  れでも、あちこちで乱舞が見られ、初めて見に来た人たちは大満足であった。

ヒメボタル2009

  • 09hime014
    竜王山のヒメボタルは、5月中旬から約1ヶ月間楽しめます。 今年もたくさんの鑑賞客が訪れ、光りのショーに酔いしれました。