フォト

ヒメボタル観察マップ

  • 2013
    ヒメボタルの発生箇所は案内人にお尋ねください。

風景写真

山の頂で風に吹かれて

  • Yarinoyakei
    私が撮りためた写真を編集して、DVD写真集を作りました。 全部で400枚に及ぶものです。 これはそのほんの一部 1枚2,500円 ぜひ、お買い求めください。

2007夏 槍ヶ岳

  • 鏡池の朝
    2007年 夏のアルプス登山は槍ヶ岳にチャレンジ。快晴が続き星もきれいで最高の4日間でした。

2008 屋久島

  • 大川(おおこ)の滝
    2007年に続き、今年もGWは屋久島に行きました。 2年続けていきたくなるほどこの島、豊かな森は私を引きつけます。

2009 壁紙

  • 19 桜草
    昨年撮った写真の中からお気に入りの写真を壁紙にしてみました。

2007年の紅葉

  • 厚南 蓮光寺山門
    今年の紅葉は、台風の直撃もなく見事にあちらこちらで楽しめました。

« 竜王山春の山野草 | トップページ | 秋吉台のハイキング »

2011年5月 3日 (火)

秋芳洞のLED照明

Dsc_2068

◆今日は、秋芳洞に行ってみた。 最近、照明をLEDに変えたというニュースを見て、確認しておきたかったのだ。 しかし! 秋吉周辺は大変な車で、大混雑。 何とか、市営駐車場に車を停めいざ、秋芳洞へと思ったが案外入り口までが遠い。 実は、以前秋芳洞に入ったのは30年くらい前で全く記憶がなく、入り口まで土産品店が並び、観光客もたくさんですれ違いながら進むのだが、こんなにも混雑しているとは思わなかった。

◆料金所で1200円払っていざ、洞内へ。 入り口からいきなり相当な天井の高さだ。 こんなにも天井が高かったのか。 入ってすぐのところにあるのが、青天井という場所で、広々としている。 今日は、愛機ニコンD7000に10-24mmをつけ、ISO6400にセットして三脚を担いで観光客の邪魔にならないように気をつけて写真を撮ってみた。

Dsc_2071

 

 ISO6400は、洞内を異常に明るく撮してくれた。そのままでは明るすぎるので、ややマイナスに補正しているが、いかがか。ピントもオートでぴったりだ。

 LED照明は、そんなに明るいとは思えなかったが、色は自然に見えるような気がした。

Dsc_2078

◆次が100枚皿。ここは、以前見た記憶がある。 立ち止まろうと思っても、たくさんの観光客が数珠つなぎで、写真はぱっと撮って、すぐに移動だ。

Dsc_2083

Dsc_2097

◆そして、秋芳洞最大のビューポイントが黄金柱だろう。 4mもの巨大な柱が天井からどーんと立っている様は圧巻だ。 ここにはたくさんの観光客が滞留して記念写真を撮っていた。

 黄金柱の次は巌窟王などがあり、しばらくで観光コースは終わり、人口トンネルを上って黒谷口に出るのだが、人口トンネルがライトアップと壁面に絵が掛けられ、楽しませてくれる。

Dsc_2117

Dsc_2119_2

◆黒谷口からは、たくさんのタクシーが待っていて、駐車場まで送ってくれるし、バスもピストン輸送をしている。しかし、歩いて駐車場まで帰ったが、驚いた。 入るときよりもさらに車が増えていて、たくさんの車が駐車場入り口で列を作っていた。

« 竜王山春の山野草 | トップページ | 秋吉台のハイキング »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41622/39849346

この記事へのトラックバック一覧です: 秋芳洞のLED照明:

« 竜王山春の山野草 | トップページ | 秋吉台のハイキング »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

私へのメール

無料ブログはココログ

政治家ブログ

ヒメボタル 2012

  • 2780
    竜王山のヒメボタル2012 です。2010年の大雨の影響からか、ヒメボタル発生が少なくなっているように感じられる。  れでも、あちこちで乱舞が見られ、初めて見に来た人たちは大満足であった。

ヒメボタル2009

  • 09hime014
    竜王山のヒメボタルは、5月中旬から約1ヶ月間楽しめます。 今年もたくさんの鑑賞客が訪れ、光りのショーに酔いしれました。