フォト

ヒメボタル観察マップ

  • 2013
    ヒメボタルの発生箇所は案内人にお尋ねください。

風景写真

山の頂で風に吹かれて

  • Yarinoyakei
    私が撮りためた写真を編集して、DVD写真集を作りました。 全部で400枚に及ぶものです。 これはそのほんの一部 1枚2,500円 ぜひ、お買い求めください。

2007夏 槍ヶ岳

  • 鏡池の朝
    2007年 夏のアルプス登山は槍ヶ岳にチャレンジ。快晴が続き星もきれいで最高の4日間でした。

2008 屋久島

  • 大川(おおこ)の滝
    2007年に続き、今年もGWは屋久島に行きました。 2年続けていきたくなるほどこの島、豊かな森は私を引きつけます。

2009 壁紙

  • 19 桜草
    昨年撮った写真の中からお気に入りの写真を壁紙にしてみました。

2007年の紅葉

  • 厚南 蓮光寺山門
    今年の紅葉は、台風の直撃もなく見事にあちらこちらで楽しめました。

« 椿と大山桜 | トップページ | JAF »

2012年4月14日 (土)

徳佐八幡宮のしだれ桜満開

Dsc_0544

◆今日は自治会のふれあいサロン行事で、社協のバスを借り阿東町徳佐の徳佐八幡宮のしだれ桜を観に行った。 朝8時に児童公園を出発し、宇部ICから山口宇部道路を通り山口市に入り、最初の休憩ポイントとして香山公園 瑠璃光寺に寄った。 ここまで一時間もかかっていない。

山口県の名所だけあって周辺の整備がばっちり整っていた。 次の休憩ポイントが道の駅長門峡で、駐車場に降り立つとややひんやりとした感じで、平地とは違うことを肌で感じた。

Dsc_0572

次にむかったのが、阿東町神角(こうづの)だ。ここには大きなしだれ桜があり、今まで見たことがなかったが初めて見ると見事に満開だ。 背景には十種ヶ峰がそびえ、桜としては大きな幹で、皆さん感嘆の声を上げられていた。

◆11時に徳佐八幡宮前の駐車場に降り立った。 この駐車場の裏手かがお宮の参道となっていてしだれ桜並木の始まりである。

 

Dsc_0613

すぐに国道を渡り、延々とお宮まで参道がしだれ桜に覆い尽くされている。 今日は、まだ土曜日で朝の内天気が悪かったこともあり人出は少し余裕があるように感じられた。

お宮の境内のような広場にはたくさんの店が広げられ、花見客が思い思いに座をつくって楽しんでいた。 我々は地元の方にお願いしておいたテーブルとイスが準備されていた。昼食までしばらく散策して、11時半から昼食としたのだが、地元の方おすすめ阿東牛を使った牛丼を予約していて時間に届けていただいた。

Dsc_0594

◆昼食後にはぜんざいをいただいて、席を立ったが私たちが参道を下っていると反対方向からたくさんの花見客がのぼってきた。 陽気に誘われるように本当にたくさんの人が訪れたのだ。 我々は次に津和野を目指した。 

Dsc_0644

◆最初に鷺原八幡宮に行ってみた。 ここは先週の日曜日には流鏑馬がおこなわれたところだ。 境内には長い馬場があり、そのまわりには桜が満開を過ぎたところで花吹雪になっていた。 この境内は秋にはモミジが美しいところで、その時分にまた連れてきてと言われた。

 

鷺原八幡宮のすぐそばに津和野道の駅 なごみの郷があり温泉に入ることができるし、買い物も楽しめる。 一時間ほどゆっくりして、帰り道には十種ヶ峰の北側を周回するつわぶきロードを通り徳佐に出、さらに九号線ではなく「りんご園街道」を通って帰った。

今日は天気にも恵まれ、花も見頃、大変きれいで皆さん大満足で帰られた。

※ポチッとクリック GO

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

« 椿と大山桜 | トップページ | JAF »

花便り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41622/44881936

この記事へのトラックバック一覧です: 徳佐八幡宮のしだれ桜満開:

« 椿と大山桜 | トップページ | JAF »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

私へのメール

無料ブログはココログ

政治家ブログ

ヒメボタル 2012

  • 2780
    竜王山のヒメボタル2012 です。2010年の大雨の影響からか、ヒメボタル発生が少なくなっているように感じられる。  れでも、あちこちで乱舞が見られ、初めて見に来た人たちは大満足であった。

ヒメボタル2009

  • 09hime014
    竜王山のヒメボタルは、5月中旬から約1ヶ月間楽しめます。 今年もたくさんの鑑賞客が訪れ、光りのショーに酔いしれました。