フォト

ヒメボタル観察マップ

  • 2013
    ヒメボタルの発生箇所は案内人にお尋ねください。

風景写真

山の頂で風に吹かれて

  • Yarinoyakei
    私が撮りためた写真を編集して、DVD写真集を作りました。 全部で400枚に及ぶものです。 これはそのほんの一部 1枚2,500円 ぜひ、お買い求めください。

2007夏 槍ヶ岳

  • 鏡池の朝
    2007年 夏のアルプス登山は槍ヶ岳にチャレンジ。快晴が続き星もきれいで最高の4日間でした。

2008 屋久島

  • 大川(おおこ)の滝
    2007年に続き、今年もGWは屋久島に行きました。 2年続けていきたくなるほどこの島、豊かな森は私を引きつけます。

2009 壁紙

  • 19 桜草
    昨年撮った写真の中からお気に入りの写真を壁紙にしてみました。

2007年の紅葉

  • 厚南 蓮光寺山門
    今年の紅葉は、台風の直撃もなく見事にあちらこちらで楽しめました。

« ニコン D600 談義 | トップページ | 決算審査特別委員会が一応審査を終了 »

2012年9月18日 (火)

キャノン EOS-6D

■整骨院の先生との話の中で、キャノンから発表されたばかりの35mm フルサイズセンサー搭載のEOS-6Dについても話題となった。 私は発表されたことを知らなかったのだが、先生はキヤノンのホームページでご覧になっていたとのことだった。

私も家に帰ってから確認したところ、すでにカメラの祭典 フォトキナでモデル展示がされているとのことだ。 この機種はニコンされたばかりのD600と似たポジションに位置しているようだが、またしても画素数でキャノンは後塵を拝していると感じられる。

ニコンD600は2400万画素であるのに比べ、6Dは2020万画素と言うことだ。 ニコンの場合、上位機種のD800が3630万画素であるので、その下位機種が2400万画素でも何ら問題はないが、キャノンの場合、上位機種の5Dが2400万画素で6Dがそれを上回ることは許されず、2020万画素に落ち着いたのだろう。

しかしである、よほど大判にする目的でもない限り、画素数は1200万画素あたりで十分なものであったはずで、技術の進歩は上を向いて突き進んでいる。 この技術進歩が日本国民に豊かさの上昇とマッチすれば良いのだが、国民はいつも置いてきぼりではないだろうか。

« ニコン D600 談義 | トップページ | 決算審査特別委員会が一応審査を終了 »

「写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41622/47125624

この記事へのトラックバック一覧です: キャノン EOS-6D:

« ニコン D600 談義 | トップページ | 決算審査特別委員会が一応審査を終了 »

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

私へのメール

無料ブログはココログ

政治家ブログ

ヒメボタル 2012

  • 2780
    竜王山のヒメボタル2012 です。2010年の大雨の影響からか、ヒメボタル発生が少なくなっているように感じられる。  れでも、あちこちで乱舞が見られ、初めて見に来た人たちは大満足であった。

ヒメボタル2009

  • 09hime014
    竜王山のヒメボタルは、5月中旬から約1ヶ月間楽しめます。 今年もたくさんの鑑賞客が訪れ、光りのショーに酔いしれました。