フォト

ヒメボタル観察マップ

  • 2013
    ヒメボタルの発生箇所は案内人にお尋ねください。

風景写真

山の頂で風に吹かれて

  • Yarinoyakei
    私が撮りためた写真を編集して、DVD写真集を作りました。 全部で400枚に及ぶものです。 これはそのほんの一部 1枚2,500円 ぜひ、お買い求めください。

2007夏 槍ヶ岳

  • 鏡池の朝
    2007年 夏のアルプス登山は槍ヶ岳にチャレンジ。快晴が続き星もきれいで最高の4日間でした。

2008 屋久島

  • 大川(おおこ)の滝
    2007年に続き、今年もGWは屋久島に行きました。 2年続けていきたくなるほどこの島、豊かな森は私を引きつけます。

2009 壁紙

  • 19 桜草
    昨年撮った写真の中からお気に入りの写真を壁紙にしてみました。

2007年の紅葉

  • 厚南 蓮光寺山門
    今年の紅葉は、台風の直撃もなく見事にあちらこちらで楽しめました。

« 自治会役員会 | トップページ | 明日の夜から屋久島に向けて出発 »

2014年4月30日 (水)

「明るいまち」の編集に四苦八苦

◆本日は、共産党議員団ニュース「明るいまち」453号の編集にあくせくして疲れてしまった。 というのも書くべきニュースが見当たらなかったのだ。 埴生港の機雷除去に関する記事もあるにはあったが、これはほかの新聞でも書くものだ。

Photo

結局、萩市議選と山口市議選での共産党の躍進と山口県が発表した津波被害想定のうち、山陽小野田市の部分の問題点をとりあげた。

この被害想定は、最悪の場合で検討されているとしているが、それさえも「これよりも大きな津波が発生する可能性がないというものではない」 と述べている。

「大丈夫」と言い切れないのが自然災害の特徴だ。

この想定図には市役所と、市民病院が丸々含まれていて山陽小野田市に本当に津波がきたときにどう対応するのか心配になってくる。

この想定の津波がくると市内の746戸の住宅が全壊というデータが示されているが、この戸数は県下では岩国市に次いで多いというもので、山陽小野田市が低地に住宅がたくさんあると言うことである。

 今後は山陽小野田市として市民を災害から救うために、様々な角度から研究をしていかなくてはいけない。

« 自治会役員会 | トップページ | 明日の夜から屋久島に向けて出発 »

日本共産党山陽小野田市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「明るいまち」の編集に四苦八苦:

« 自治会役員会 | トップページ | 明日の夜から屋久島に向けて出発 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

私へのメール

無料ブログはココログ

政治家ブログ

  • にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ

    " href="">政治家ブログ

ヒメボタル 2012

  • 2780
    竜王山のヒメボタル2012 です。2010年の大雨の影響からか、ヒメボタル発生が少なくなっているように感じられる。  れでも、あちこちで乱舞が見られ、初めて見に来た人たちは大満足であった。

ヒメボタル2009

  • 09hime014
    竜王山のヒメボタルは、5月中旬から約1ヶ月間楽しめます。 今年もたくさんの鑑賞客が訪れ、光りのショーに酔いしれました。