フォト

ヒメボタル観察マップ

  • 2013
    ヒメボタルの発生箇所は案内人にお尋ねください。

風景写真

山の頂で風に吹かれて

  • Yarinoyakei
    私が撮りためた写真を編集して、DVD写真集を作りました。 全部で400枚に及ぶものです。 これはそのほんの一部 1枚2,500円 ぜひ、お買い求めください。

2007夏 槍ヶ岳

  • 鏡池の朝
    2007年 夏のアルプス登山は槍ヶ岳にチャレンジ。快晴が続き星もきれいで最高の4日間でした。

2008 屋久島

  • 大川(おおこ)の滝
    2007年に続き、今年もGWは屋久島に行きました。 2年続けていきたくなるほどこの島、豊かな森は私を引きつけます。

2009 壁紙

  • 19 桜草
    昨年撮った写真の中からお気に入りの写真を壁紙にしてみました。

2007年の紅葉

  • 厚南 蓮光寺山門
    今年の紅葉は、台風の直撃もなく見事にあちらこちらで楽しめました。

書籍・雑誌

2011年8月 7日 (日)

取り扱いが消えた「電力産業の新しい挑戦」

25

◆電力業界が、大手マスコミを買収した生々しいやりとりが載っている「電力産業の新しい挑戦」をアマゾンで購入しようとしてみたら、「現在お取り扱いできません。」となっていた。

 この本は先日の日本共産党89周年記念講演会で、志位委員長が紹介していたもので、電力産業がいかにして大手マスコミを取り込んでいったのかが書かれている本だ。 すぐに買おうと思っていたのだが、アマゾンでは、何らかの理由で取り扱いができなくなっているようだ。

29

◆志位委員長の講演では、電力産業がまず朝日新聞を標的にして、原子力の安全をPR刷る広告を載せるようにし、莫大な広告料を受け取った朝日新聞が当時としては異例の10段抜きの広告を載せた。

B0089

 これを見た読売新聞がやってきて、「当社の元社主である正力松太郎は原子力委員会の初代委員長である。我が社こそ原子力の広告を載せたい。」と続き、毎日新聞は当時、反原発キャンペーンを張っていたが、毎日新聞も電力産業の元を訪れてきて、広告掲載のお願いをしたが当時電力産業界の広告を扱っていた鈴木氏は、「お宅は反原発記事を載せているではないか。広告料というケチな金を当てにせず、堂々とやったらいい。」とのべ、結局毎日新聞も電力業界に取り込まれ、以後、大手マスコミは原子力発電の安全神話キャンペーンを張るようになっていったという。

B0122

◆その生々しいやりとりが書かれている本は、当の鈴木氏が書いたもので、読んでみたかったのだがどこかの古本屋でしか探せないようだ。 そういえば、東京や静岡でおこなわれた反原発大集会のことをこの3社は1行も載せていなかった。相変わらず、電力産業の肩を持っていて市民の願いについては無視を決め込んでいるようだ。 本当のことを知りたい人は、しんぶん赤旗をお読みいただくしかない。

2011年4月18日 (月)

津波てんでんこ

◆この本は、amazonで注文していたのだが、入荷日未定となっていた。今日、共産党の事務所に行って書棚を見ていると、1冊だけ在庫があったのですぐに買った。 amazonの方はキャンセルした。 少しよんでみたが、日本の津波の歴史が書かれていて、意識して止めなければ最後まで読んでしまいそうであった。

 楽しい本ではないけれど、一度は読んで津波をよく知っておいた方が良い。

 驚いたのは世界最大の津波高さが、なんと●●●m!!!

びっくりである。

津波てんでんこ―近代日本の津波史

買ったきっかけ:
しんぶん赤旗の広告を見て

感想:
まだ途中ですが、最近の震災のことを考えて、引き込まれるように読み進んでいった。

おすすめポイント:
日本の津波の歴史がよく分かる。

津波てんでんこ―近代日本の津波史

著者:山下 文男

津波てんでんこ―近代日本の津波史

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

私へのメール

無料ブログはココログ

政治家ブログ

ヒメボタル 2012

  • 2780
    竜王山のヒメボタル2012 です。2010年の大雨の影響からか、ヒメボタル発生が少なくなっているように感じられる。  れでも、あちこちで乱舞が見られ、初めて見に来た人たちは大満足であった。

ヒメボタル2009

  • 09hime014
    竜王山のヒメボタルは、5月中旬から約1ヶ月間楽しめます。 今年もたくさんの鑑賞客が訪れ、光りのショーに酔いしれました。