フォト

ヒメボタル観察マップ

  • 2013
    ヒメボタルの発生箇所は案内人にお尋ねください。

風景写真

山の頂で風に吹かれて

  • Yarinoyakei
    私が撮りためた写真を編集して、DVD写真集を作りました。 全部で400枚に及ぶものです。 これはそのほんの一部 1枚2,500円 ぜひ、お買い求めください。

2007夏 槍ヶ岳

  • 鏡池の朝
    2007年 夏のアルプス登山は槍ヶ岳にチャレンジ。快晴が続き星もきれいで最高の4日間でした。

2008 屋久島

  • 大川(おおこ)の滝
    2007年に続き、今年もGWは屋久島に行きました。 2年続けていきたくなるほどこの島、豊かな森は私を引きつけます。

2009 壁紙

  • 19 桜草
    昨年撮った写真の中からお気に入りの写真を壁紙にしてみました。

2007年の紅葉

  • 厚南 蓮光寺山門
    今年の紅葉は、台風の直撃もなく見事にあちらこちらで楽しめました。

入札

2006年11月 8日 (水)

山陽小野田市の入札格付け基準が変

Kaisha72 ■ある建設業者の方から「市の入札のランク付けがおかしい。」と言う意見が寄せられました。

 さっそく市の入札を取り扱う「監理室」で「入札参加資格者等級区分の基準」という文書をもらい、次に宇部市役所に行き「格付け基準」という文書をもらいました。

 2つの市の文書のうち土木工事を比較すると次のようになります。

                総合評点/完成工事高

Aランク  山陽小野田市  950点/2億5千万円

         宇部市    902点/2億円

Bランク  山陽小野田市 800点/1億円

        宇部市    777点/1億円

Cランク  山陽小野田市 650点/2千万円

        宇部市    560点/2千5百万円

Dランクは双方とも それ以外となっています。

Shoku30 ■宇部市と山陽小野田市は人口で約1/3、予算規模では

年間の建設事業費は 宇部市52億円 山陽小野田市27億円

となっており、Aランクの完成工事高基準で山陽小野田市の方が高いと言う理由が分かりません。

 ちなみに山口県の基準では、ランク分けには工事高基準はなく総合評点だけとなっています。

 完成工事高基準が高ければ、いくら評点が高くても入れない業者も出てきます。今日、話を聞いた業者は、この格付けについて次のように語っています。

Shoku36  「2億5千万円という工事高は、2年間の平均だから大変です。」

「私のところは評点はクリアしているが、工事高が不足して下のランクとなった。」

「2億5千万円を維持するには、連続した年ごとに大変な努力が必要です。」  

「これでは上に上がるチャレンジができない。せめて工事高基準を県のようにはずしてもらえたら、Aランク入りも可能だが、これではそのチャンスがない。」

中小業者浮上のチャンスを

C4_13 ■今、市の公共工事発注は非常に限られた額しかありません。特にAランクでは年間に10本程度で、現在のAランクが8社ですから、後から入り込むには大変な努力が必要です。

 小野田市が現在の基準に替えたのが、2003年4月からで本来なら、工事高が減っている中で基準を下げるべきなのに上げてしまい、ますます小さな業者は入り込む余地がなくなっていったのです。

 山陽小野田市となった今こそ、中小業者でも格付け上位へ入っていけるチャンスを広げていくべきではないでしょうか。

       

       

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

私へのメール

無料ブログはココログ

政治家ブログ

ヒメボタル 2012

  • 2780
    竜王山のヒメボタル2012 です。2010年の大雨の影響からか、ヒメボタル発生が少なくなっているように感じられる。  れでも、あちこちで乱舞が見られ、初めて見に来た人たちは大満足であった。

ヒメボタル2009

  • 09hime014
    竜王山のヒメボタルは、5月中旬から約1ヶ月間楽しめます。 今年もたくさんの鑑賞客が訪れ、光りのショーに酔いしれました。